看護師の離職理由

看護師はその9割が女性ですが、そうなるとやはり結婚や出産などライフイベントがあるとそれをきっかけに仕事を辞める人もいます。看護師の仕事はとても大変で、周りの理解と協力が得られないと家庭との両立は無理だと言えるでしょう。特に病院勤務だと日勤、夜勤があり生活も不規則になるし、仕事量も多いのでそれを終えて自宅に帰って家事や育児を行うのはとても大変ですよね。最近では結婚をしても仕事を続ける人も多くなってきましたが、子どもが生まれるとそれが離職理由にもなっています。子どもが生まれてからも仕事を続けることが出来るのは、本人の覚悟ができていること、そして夫や家族を始め職場の理解と協力が必須です。例えば、子どもが急に熱をだしたので保育園などにお迎えに行かなくてはならないこともあるでしょう。そのような事態には母親が対処するのか、それとも父親が迎えに行けるのか、はたまた近くに祖父母がいるのか、家事代行サービスを利用するのかというところから決めていかないといけません。やはりどんな職場でも言えることですが、子ども中心の生活になったときに続けられる環境かというのが大事にもなってきます。
看護師であれば、子どもが小さく手のかかる間はパート勤務にして少し仕事を控えめにして、子どもの成長と共にまた正規雇用に戻る、という方法もあります。医療現場に立つには少しのブランクも気になると思うので、仕事を続けたい人はなるべく仕事を辞めずに続けていったほうがいいでしょう。